FC2ブログ

記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ドラゴン時々太刀魚1/4

P1041410.jpg

P1041406.jpg

1月4日に下浦刈島に太刀魚を釣りに行きました。
いつもの太刀魚釣りとはかなり違う釣りになりました。
数は釣れなかったのですが、釣れた太刀魚が兎に角デカかった。
釣れた人と釣れなかった人との釣果の差が大きかった。

大きな個体の魚は老成魚といい、賢く、釣りにくいものです。
太刀魚もドラゴンと言われるものはなかなか釣れません。
今日の釣果は驚くべきことでした。
ひょっとしたら、『ドラゴンを釣るヒント』が今日の釣行の中に隠れているのかもしれません。

状況を説明します。
当日は5名乗船してましたが、このお二人が極端によく釣られました。
二人は左舷のトモの釣り座だったのですが、船は一時半方向に流れていたので、最後にポイントに入る言わば潮下の釣り座だったのです。このことはとても興味深いことです。つまり、二人が釣られたドラゴンは潮上の人のテンヤは見切って、素通りしたけれど、二人のテンヤには引っかかったということです。
どうです、みなさん興味が沸いてきませんか。
因みに秋田様はサンマ、小更様はイワシを普通のテンヤに付けられていました。
他の人との違いはタックルを含めた誘い方だけでした。
全てをここでは書けませんが、ヒントを二つだけ、
『とても柔らかいロッド』
『祈り巻き』
です。
お二人の釣りを見させて頂いて、固定観念、思い込みは今更ながら、『いけんな』と思いました。
凱丸では太刀魚釣りはチームワークだと思っています。
その時のパターンをみんなで見つけて、楽しい釣りを全員でたのしみたいと思っています。
ご協力お願いします。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。